産経ニュース

勤務する警察署の女子トイレ天井にスマホ 26歳巡査長を容疑で書類送検 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


勤務する警察署の女子トイレ天井にスマホ 26歳巡査長を容疑で書類送検 警視庁

 勤務する警察署内の女性用トイレにスマートフォンを設置し盗撮したとして、警視庁は2日、目白署の男性巡査長(26)を建造物侵入と都迷惑行為防止条例違反の疑いで書類送検するとともに、停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は同日、依願退職した。

 警視庁によると、巡査長は平成29年11月下旬~12月上旬、3回にわたって同署の女性用トイレに侵入し、個室天井の換気口内に動画撮影状態にした自身のスマホを設置し、盗撮していた。スマホは設置から1~2時間後に回収していたという。3回目の際に、スマホに気付いた女性職員が上司に報告。所有者の巡査長に事情を聴いたところ、盗撮を認めた。被害者はいずれも警察職員で、一般来庁者はなかった。

 男性巡査長は「同僚女性の普段見られない姿を見たかった。反省している」と話しているという。

「ニュース」のランキング