産経ニュース

傷害容疑で国交省職員逮捕 新聞燃やし注意され口論 59歳男性倒され死亡 新潟

ニュース 社会

記事詳細

更新


傷害容疑で国交省職員逮捕 新聞燃やし注意され口論 59歳男性倒され死亡 新潟

 西蒲署は1日までに、自宅前で近所に住む無職の清塚了一さん(59)を押し倒してけがを負わせたとして、傷害の疑いで新潟市西蒲区和納、国土交通省北陸地方整備局職員、金子佳大(よしひろ)容疑者(47)を現行犯逮捕した。清塚さんは搬送先の病院で死亡が確認された。同署は容疑を傷害致死に切り替え、死因を調べている。

 逮捕容疑は30日夜、自宅前で新聞を燃やしていたことを注意した清塚さんと口論になり、押し倒してけがをさせたとしている。金子容疑者は「突き飛ばしたことは間違いない」と容疑を認めている。

 金子容疑者は新潟国道事務所の係長。北陸地方整備局は「職員が事件を起こしたことは誠に遺憾で深くおわびする。事実関係が明らかになり次第、厳正に対処するとともに再発防止に努める」としている。

「ニュース」のランキング