産経ニュース

給与詐取、被害は4千万円 栃木・下野市職員を懲戒免職

ニュース 社会

記事詳細

更新


給与詐取、被害は4千万円 栃木・下野市職員を懲戒免職

 栃木県下野市は1日、給与を水増し処理して公金をだまし取ったとして、詐欺容疑で県警に逮捕された同市職員、吉葉仁一容疑者(49)を懲戒免職処分にしたと発表した。1月31日付。広瀬寿雄市長は1日、記者会見し、だまし取られた給与の被害額は現時点で3993万円と推定されることも明らかにした。

 逮捕容疑は、昨年9月、水増しした給与計222万円を複数の口座に振り込ませたとしている。

 同市の説明によると、吉葉容疑者は総務人事課人事給与グループに異動した平成25年4月から職員給与の業務を担当。システムに精通し、不正な端末操作でデータを改竄(かいざん)していた。

 28年8月~今年1月分の被害額は3567万円。出向者らの架空の給与データを作製し、会計課には自分の口座に振り込まれるよう書き換えたデータを渡した。25~27年度の旧システムの被害額は426万円と推定。超過勤務手当のデータを操作した形跡があったという。証拠書類が警察に押収され、同市は「システムに残るデータから推定。いずれも確定していない」と説明している。

 同市はチェック態勢の強化や給与担当者の異動、システムの改正など再発防止策を構築していく。

 また、管理監督の責任を問い、総務人事課長を減給10分の1(6カ月)、総務部長を同(3カ月)の懲戒処分とした。

「ニュース」のランキング