産経ニュース

安保関連法違憲訴訟、1審の却下取り消し差し戻し 東京高裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


安保関連法違憲訴訟、1審の却下取り消し差し戻し 東京高裁

 集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法は違憲だとして、茨城県在住の陸上自衛官が「存立危機事態」での防衛出動命令に従う義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決が31日、東京高裁であった。杉原則彦裁判長は「訴えは適法」として、訴えを却下した1審東京地裁判決を取り消し、審理を地裁に差し戻した。

 杉原裁判長は「防衛出動命令に従わない自衛官は、不服従を理由とする懲戒処分や刑事罰を受けることになる」と指摘。訴訟要件である「重大な損害を生ずるおそれ」がある場合にあたり、適法な訴えだと結論づけた。

 1審は、原告がこれまでに直接戦闘を行う部隊に所属したことがないことなどから「原告の所属部署に防衛出動命令が発令される具体的・現実的可能性があるとはいえない」として、訴えは不適法と判断。違憲性は判断しなかった。

「ニュース」のランキング