産経ニュース

「乳児を自宅に置いたまま頻繁にパチンコへ」 横浜の乳児放置死 逮捕の父親が容疑を一転否認

ニュース 社会

記事詳細

更新


「乳児を自宅に置いたまま頻繁にパチンコへ」 横浜の乳児放置死 逮捕の父親が容疑を一転否認

 横浜市内の自宅アパートで生後6カ月の長女を自宅に15時間放置して死なせたとして、神奈川県警が両親を逮捕した事件で、父親が「覚えていない」などと容疑を一部否認していることが29日、分かった。逮捕当初は認めていた。逮捕から2週間以上が過ぎ、長女が死亡するまでの詳細な様子が徐々に判明。市によるフォローも実質的に機能しておらず、再発防止に向けても多くの課題が突きつけられている。(王美慧、写真も)

 ベッドはプラスチックケース

 昨年5月31日未明。横浜市南区の木造2階建てアパートに、母親(19)からの119番通報で駆けつけた救急隊員は、異様な様子を目にする。

 部屋の床にうつぶせで倒れている長女。近くには縦35センチ、横47センチ、高さ24センチのプラスチックケースがあった。底部分には布団が敷かれていた。長女の“ベビーベッド”だった。

 その後に分かったことだが、長女の身長は68センチ、体重6・7キロ。サイズは足りていなかったが、ケースの側面部分が壊れて外側に倒れていたため、なんとか収まっていたようだった。

 長女は病院に搬送されたが約1時間後に死亡。死因は分からず、病院側が県警に通報した。県警の調べで明らかになったのは、長女が死亡するまでの両親の信じがたい行動だった。

続きを読む

「ニュース」のランキング