産経ニュース

ホテルで21歳女性殺害 被告が起訴内容おおむね認める 長野地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


ホテルで21歳女性殺害 被告が起訴内容おおむね認める 長野地裁

 昨年6月、長野県御代田町のラブホテルの部屋で21歳の女性を殺害したなどとして、殺人などの罪で起訴された中国籍の無職、何佳明(フ・ジャミン)被告(25)=佐久市=の裁判員裁判初公判が29日、長野地裁で開かれた。何被告は起訴内容について、おおむね認めた。

 検察は冒頭陳述で、「被告は女性を包丁で脅し、もみ合いの中で女性がけがをしたため、殺した方が楽だろうと思って殺害を決意した」と指摘。これに対し、弁護側は「犯行は突発的に起きてしまった」と主張した。

 起訴状によると、昨年6月1日午後11時半ごろ、御代田町のラブホテルの客室で、女性に包丁を突き付けて脅迫し、性的関係を強要。抵抗されたため、女性の首を包丁で刺して失血死させた後、バッグから現金1万円を盗んだとしている。

「ニュース」のランキング