産経ニュース

熊谷6人殺害事件初公判 「私もカップを頭の上に置いた」 ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告が意味不明な発言 認否明確にせず

ニュース 社会

記事詳細

更新


熊谷6人殺害事件初公判 「私もカップを頭の上に置いた」 ペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告が意味不明な発言 認否明確にせず

ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(提供写真) ナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(提供写真)

 埼玉県熊谷市で平成27年9月、小学生2人を含む6人が殺害された事件で、強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)の裁判員裁判初公判が26日にさいたま地裁(佐々木直人裁判長)で開かれた。ナカダ被告は起訴内容について「私もカップを頭の上に置いた」などと意味不明な発言を続け、認否を明確にしなかった。弁護側は意見を留保した上で「犯罪が成立する場合は心神喪失として無罪を主張する予定」とした。

 検察官が起訴状を読み上げた後、佐々木裁判長から認否を問われたナカダ被告は「いいですか。ある日、あることを聞いた。おかしいこと、かわいらしいことでした」と切り出し、「『このカップは何のためのカップですか』(と聞かれ)『水を飲むためではないですか』と答えた。その人は頭の上にカップを置き、私もカップを頭の上に置いた」と意味不明な発言をした。

 この日の公判では、傍聴人が法廷に入る前にナカダ被告は入廷。上下黒っぽい服を着て、右耳に手を当て頭を抱えるような姿勢で座っていた。傍聴人の入廷が完了し、法廷のドアが閉まると傍聴席をにらみつけるようにしていた。

続きを読む

「ニュース」のランキング