産経ニュース

【草津白根山噴火】(動画)黒煙、降り注ぐ無数の噴石…ゲレンデ襲った緊急事態「一歩間違えれば命が…」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【草津白根山噴火】
(動画)黒煙、降り注ぐ無数の噴石…ゲレンデ襲った緊急事態「一歩間違えれば命が…」

被害を受けたスキー客の男性が持ち帰った噴石=23日午後、群馬県草津町(福島範和撮影)  被害を受けたスキー客の男性が持ち帰った噴石=23日午後、群馬県草津町(福島範和撮影) 

 黒煙、雨のように降り注ぐ噴石、あたりに立ちこめる硫黄臭-。群馬、長野両県境にある草津白根山の本白根山が23日、噴火した。麓にある草津国際スキー場(群馬県草津町)には雷のような爆音とともに黒い噴煙が空を覆い、無数の噴石がゲレンデを襲った。「一歩間違えれば命がなかった」。現場に居合わせた人々は、口々に恐怖の瞬間を語った。

 「ボコボコボコと変な音がした」。スノーボードをしていた川崎市の60代の男性が異変を感じたのは午前10時ごろ。その直後、地鳴りのような音とともに黒い噴煙があがり、噴石に襲われた。20~30センチくらいの噴石が左腕に直撃し骨折。背中などにもあたり、頑丈なウエアは破けた。

 「雨のようで…死ぬと思った。当たらないようにするのが精いっぱい。逃げようとするが、逃げ切れなくて…」。やっとの思いで柔らかい雪の陰に隠れた。平成26年に多数の死傷者が出た長野県の御嶽山噴火の報道が脳裏をよぎり、体を守るように小さくなった。噴石が治まるまで3分ほどだったが、長い時間に感じた。

 周囲を見回すと、スキー客1人と自衛隊員8人がいた。隊員でまともに歩けたのは2人。両足を骨折した人もいた。「自分で精いっぱい。息苦しい。硫黄臭がした。真っ暗だった。必死だった」。男性は身を守ったヘルメットや荷物を残し、歩いて下山。山は中腹まで灰色に染まっていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • (動画)黒煙、降り注ぐ無数の噴石…ゲレンデ襲った緊急事態「一歩間違えれば命が…」
  • (動画)黒煙、降り注ぐ無数の噴石…ゲレンデ襲った緊急事態「一歩間違えれば命が…」
  • (動画)黒煙、降り注ぐ無数の噴石…ゲレンデ襲った緊急事態「一歩間違えれば命が…」
  • (動画)黒煙、降り注ぐ無数の噴石…ゲレンデ襲った緊急事態「一歩間違えれば命が…」

関連ニュース

「ニュース」のランキング