産経ニュース

ラグビー日本代表に感謝状 テロ対策ポスターに協力 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


ラグビー日本代表に感謝状 テロ対策ポスターに協力 警視庁

作製されたテロ対策ポスターを囲み、スクラムを組む日本ラグビーフットボール協会の岡村正会長(右)と日本ラグビー代表の立川理道選手(左)=17日午前、東京都千代田区(小野田雄一撮影) 作製されたテロ対策ポスターを囲み、スクラムを組む日本ラグビーフットボール協会の岡村正会長(右)と日本ラグビー代表の立川理道選手(左)=17日午前、東京都千代田区(小野田雄一撮影)

 警視庁は17日、「平成30年テロ防止啓発ポスター」を公表するとともに、作成に協力した日本ラグビーフットボール協会に感謝状を贈呈した。ポスターの中央にはボールを抱えた日本代表選手らが走る姿を据え、テロ対策へのチームワークの重要性を強調した。

 贈呈式には、岡村正・同協会会長やラグビー日本代表の立川理道(はるみち)選手が出席。警視庁の新美恭生(やすお)公安部長は「来年のラグビーW杯日本大会、2020年東京五輪・パラリンピックなどを控え、テロ対策は最も大事。ポスターをごらんいただき、国民の理解を得られることを願う」とあいさつ。立川選手も「ラグビー同様、テロ対策はチーム一丸の取り組みが大切。警視庁とスクラムを組み、協力していきたい」と語った。

 ポスターは駅など都内各所のほか、東京・新宿のスタジオ・アルタの大型スクリーンでも掲示される。

「ニュース」のランキング