産経ニュース

330人分の手術記録USBメモリー紛失 東京・青梅の市立病院

ニュース 社会

記事詳細

更新


330人分の手術記録USBメモリー紛失 東京・青梅の市立病院

 東京都青梅市の市立総合病院は16日、心臓血管外科の医師が、患者約330人分の手術記録を保存したUSBメモリーを紛失したと発表した。病院は個人情報の外部への持ち出しは禁止しているが、医師は無断で自宅に持ち帰っており、懲戒処分も検討している。情報の流出や悪用は確認されていない。

 病院によると、メモリーには平成26年1月~29年12月に心臓血管外科で手術を受けた患者の名前や病名、手術方式などの情報が入っていた。

 医師は今月5日、院内の端末から情報を自分のメモリーに保存し、バッグに入れて電車で帰宅。作業をしようとした際にメモリーがないことに気付いた。9日に警視庁青梅署に遺失届を出した。

「ニュース」のランキング