PR

ニュース 社会

【東名夫婦死亡事故】「運転行為」該当が争点に 専門家も賛否 年内にも裁判員裁判

Messenger

 誰もが悪質運転の被害者になる可能性はあるが、高山弁護士は「裁判員には冷静な判断が求められる」と指摘した。危険運転罪適用は、適正な新解釈か、はたまた拡大解釈か。裁判の行方が注目される。

   

東名高速夫婦死亡事故 平成29年6月5日夜、大井町の東名高速道路で静岡市の一家のワゴン車にトラックが追突し、夫婦が死亡、娘2人がけがをした。起訴状によると、石橋和歩被告が現場直前のパーキングエリアで駐車方法を注意されて逆上、ワゴン車を追い掛けて停止させたとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ