産経ニュース

米軍ヘリ不時着 翁長知事「政府に当事者能力なし」

ニュース 社会

記事詳細

更新


米軍ヘリ不時着 翁長知事「政府に当事者能力なし」

翁長雄志知事 翁長雄志知事

 沖縄県内で普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)に所属する米軍機の不時着が相次いだことについて、翁長雄志知事は9日、「県民が日常的に危険にさらされている。日本政府は当事者能力がなく、恥ずかしさを感じてもらいたい」と強く批判した。県庁で記者団に語った。

 8日に米軍攻撃ヘリコプターが不時着した読谷村の石嶺伝実村長は9日、村役場で防衛省沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長に「沖縄の米軍基地過重負担が一番の原因ではないか。原因究明まで全機種の運用を停止してほしい」と要請した。

 富川盛武副知事は同日、県庁で記者団に対し、10日に上京して関係省庁に抗議し、米軍、日本政府、県で構成する協議会の設置を求めると表明。「これまで以上に突っ込んだ要請をしないと、県民が安心に暮らせない」と強調した。

「ニュース」のランキング