産経ニュース

警察庁、銀行に暴力団情報 オンライン照会開始

ニュース 社会

記事詳細

更新


警察庁、銀行に暴力団情報 オンライン照会開始

暴力団情報照会の流れ 暴力団情報照会の流れ

 暴力団の資金源対策として、警察庁は4日、銀行の個人向け融資の新規申し込みについて、オンラインで暴力団情報の照会に応じるシステムの運用を開始した。銀行業界は新規申し込みのほぼ全件で照会する方針で、暴力団員であることが判明したら、融資拒否などの措置を取る。警察庁の担当者は「銀行の融資取引から暴力団を排除するのが目的で、大量の申し込みを自動的にスクリーニングできる」と話している。

 警察庁は既に、日本証券業協会(日証協)会員の証券会社との間で同じシステムを導入し、平成25年1月から運用を続けている。

 警察庁によると、銀行は融資の申し込みがあれば、本店に設置された専用端末を使い、預金保険機構を通じて警察庁のデータベースにオンラインで照会。申込者が暴力団の組員や元組員などに該当した場合、銀行側は間違いがないかさらに都道府県警に個別に照会して情報を確定させる。

「ニュース」のランキング