産経ニュース

【法廷から】杉本彩さん「病的」と激怒 ネコ虐待動画は「もっとやれ」のあおりコメントで残虐に

ニュース 社会

記事詳細

更新

【法廷から】
杉本彩さん「病的」と激怒 ネコ虐待動画は「もっとやれ」のあおりコメントで残虐に

ネコを虐待した元税理士の判決後に会見した、動物の保護活動を行う女優の杉本彩さん。動物愛護法の厳罰化の必要性を訴えた=12月12日、東京・霞が関の司法記者クラブ ネコを虐待した元税理士の判決後に会見した、動物の保護活動を行う女優の杉本彩さん。動物愛護法の厳罰化の必要性を訴えた=12月12日、東京・霞が関の司法記者クラブ

 判決で細谷裁判官は、税理士を廃業するなどさまざまな制裁を受けた点を考慮しつつも、「残虐な犯行。正当化する余地はない」として懲役1年10月、執行猶予4年(求刑懲役1年10月)を言い渡した。執行猶予4年は同種の事件の中では長く、重い判決といえる。

愛猫家ら地裁に続々

 しかしこの判決に不満感を示した人たちがいた。

 「不当判決でーす」

 大矢被告の判決公判後、地裁前には「不当判決」と書いた紙を掲げる女性たちの姿があった。周囲には60~70人の愛猫家が集まり、一様に険しい表情を見せていた。「ほぼ判例通りで、実刑にはなりませんでした」という女性の呼びかけに、「えぇ?」といったため息も聞かれた。

 公判に先立ち、ネット上では大矢被告に懲役刑を求める活動が展開されていた。呼びかけたのは、農業手伝いの綿引静香さん(44)。この活動を、動物愛護の啓発活動を行う「動物環境・福祉協会Eva」の理事長も務める杉本さんが広めたことなどで賛同者が集まり、16万3000筆以上のネット署名が集まった。署名は東京地検に提出された。

続きを読む

このニュースの写真

  • 杉本彩さん「病的」と激怒 ネコ虐待動画は「もっとやれ」のあおりコメントで残虐に

「ニュース」のランキング