産経ニュース

【電通社員過労自殺】「いまだに電通社員は、厳しい上下関係や深夜勤務の成功体験に囚われている」…高橋まつりさん母、手記全文

ニュース 社会

記事詳細

更新

【電通社員過労自殺】
「いまだに電通社員は、厳しい上下関係や深夜勤務の成功体験に囚われている」…高橋まつりさん母、手記全文

高橋まつりさんの母、幸美さん=東京・霞が関(天野健作撮影) 高橋まつりさんの母、幸美さん=東京・霞が関(天野健作撮影)

 電通の新入社員だった高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺した命日となる25日、母の幸美さん(54)が手記を公表した。全文は以下の通り。

 

 娘の「まつり」がいない、2度目のクリスマスです。

 毎朝目覚めるときに、まつりが生きている世界に戻っているのではないかと、未だに淡い期待を抱き続けています。目の前にあるのは元気なまつりの姿ではなく、まつりが眠る赤い箱です。労災認定されてからも辛く苦しく、まつりを思わないときはひと時もありません。まつりは私の生きる理由であり、まつりを語るとき、その姿はあらゆるところで蘇り生き続けます。

 ちいさい頃から人生を自分の選択で懸命に生きたまつり。最後も最善の選択をしてくれると信じ切っていました。まつりの尊厳を守れるのは私しかいない。まつりの後を追うことは許されない。必死の2年間でした。

 電通は1991年に社員の大嶋一郎さんが亡くなられた後に、「不幸な出来事が二度と起こらないよう努力します」と誓いました。しかしその後も電通は、改革を行うことなく法律違反やパワハラを続けて、何人もの犠牲者を出しています。そして、まつりも長時間労働とパワハラとセクハラの犠牲となりました。まつりの死によって、不夜城といわれた電通の灯りは22時に消えることになり、会社は「労働環境の改革を2年でやり遂げる」と再び宣言しました。

続きを読む

「ニュース」のランキング