産経ニュース

日本航空が“振り込め”詐欺被害に 航空機リース料名目で3億8千万円

ニュース 社会

記事詳細

更新


日本航空が“振り込め”詐欺被害に 航空機リース料名目で3億8千万円

JALの航空機(戸加里真司撮影) JALの航空機(戸加里真司撮影)

 日本航空(JAL)は20日、取引先を装った電子メールに指定された不正な銀行口座に航空機のリース料などを送金し、計約3億8千万円をだまし取られる被害に遭ったと発表した。同社は警視庁品川署や香港の警察当局などに被害届を提出、受理された。担当者の処分を検討しており、平成29年度決算に特別損失の計上を予定している。

 同社によると、JAL本社財務部に9月下旬、「ボーイング777-300ER」をリースしている米国の金融会社の担当者を装い、リース料の支払先を香港の銀行の別名義口座に変更するよう電子メールが届いた。偽のアドレスだったが、パソコンには担当者と同一のものが表示されていたため、信用したJAL社員は4日後の支払期日に3カ月分のリース料約325万5千ドル(約3億6千万円)を送金した。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング