産経ニュース

【大宮風俗ビル火災】大宮などで査察 川口の13店の違反確認

ニュース 社会

記事詳細

更新

【大宮風俗ビル火災】
大宮などで査察 川口の13店の違反確認

風俗店17店舗への特別査察を実施するさいたま市消防局の職員ら=19日午前9時50分ごろ、さいたま市大宮区宮町(川上響撮影) 風俗店17店舗への特別査察を実施するさいたま市消防局の職員ら=19日午前9時50分ごろ、さいたま市大宮区宮町(川上響撮影)

 さいたま市大宮区の性風俗店(ソープランド)で12人が死傷した火災を受け、同市消防局などは19日、同区内にある性風俗店17店舗を特別査察した。大宮と並ぶ風俗街がある埼玉県川口市でも、同市消防局が緊急査察を実施。同市西川口の18店舗中13店舗に違反が見られたという。

 特別・緊急査察は、社会的影響のある火災が起きたときなどに実施され、消火器や避難通路の管理状況、防火対策の実施状況の点検などを行う。

 火災があった店舗など風俗店が連なるさいたま市大宮区の「大宮北銀座」では、同市消防局査察指導課▽大宮消防署管理指導課▽同市建築行政課▽県警保安課-の計25人が集まり、4班に分かれて実施した。火災現場では県警による現場検証が続いていた。

 同区の査察では、火災があったビルが、現行法の基準を満たさない「既存不適格建築物」であった可能性を踏まえ、同市建築行政課が「現行法への適合の重要性を周知する」とし、違法ではないが危険性がある建物をチェックしていた。同市消防局によると、一部店舗で、障害物で防火扉が閉まらないなどの違反が確認されたという。結果をまとめて後日、公表する方針。

 一方、川口市では、午前9~11時ごろ、同市消防局予防課など消防職員18人が同市西川口の店舗を査察した。その結果、防火管理者や消防計画の変更届がない店舗、避難器具の状態が悪い店舗などがあったという。13店舗には20日までに文書を交付し、改善を促す。

このニュースの写真

  • 大宮などで査察 川口の13店の違反確認
  • 大宮などで査察 川口の13店の違反確認
  • 大宮などで査察 川口の13店の違反確認

「ニュース」のランキング