産経ニュース

少年の死刑確定は平成で4件 判断揺れるケースも

ニュース 社会

記事詳細

更新


少年の死刑確定は平成で4件 判断揺れるケースも

死刑執行に関して記者会見する上川法相=19日午前、法務省 死刑執行に関して記者会見する上川法相=19日午前、法務省

 犯行当時未成年の19歳だった関光彦(てるひこ)死刑囚(44)の死刑が19日、執行された。少年法は18、19歳の少年の死刑を認めており、関死刑囚を除き平成になって確定した犯行時少年の死刑囚は3事件で計5人。この中には1、2審で判断が揺れたケースもあった。

 死刑廃止を求める市民団体によると、死刑確定で収容中の元少年は、平成6年に大阪、愛知、岐阜で男性4人が殺害された連続リンチ殺人事件の3人、山口県光市で11年に母子を殺害した1人、22年に宮城県石巻市で男女3人を殺傷した1人。このうち、連続リンチ殺人事件の2人と母子殺害事件は1審判決が無期懲役、2審が死刑となり判断が分かれていた。

 少年事件で判断が揺れるのは、少年は更生の可能性が大きいとされることも要因の一つ。ただ、関死刑囚はその凶悪さから、1審から全て死刑判決を受けている。

 確定判決によると、4年2月、千葉県市川市内で当時15歳だった少女の自転車を車ではねて乱暴。さらに3月5日、このときに知った同市内の少女の家に侵入し、自宅にいた祖母=当時(83)=を絞殺。帰宅した母親=同(36)=と会社役員の父親=同(42)=を次々に刺殺し、いったん家を離れてから再び家に戻り、寝ていた妹=同(4)=を刺殺し、現金や貯金通帳を奪うなどした。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング