産経ニュース

殺人未遂、求刑を2年上回る判決 懲役14年、宇都宮地裁「身勝手さが際立つ」

ニュース 社会

記事詳細

更新


殺人未遂、求刑を2年上回る判決 懲役14年、宇都宮地裁「身勝手さが際立つ」

 女性に乱暴し、背中を包丁で刺したとして強姦と殺人未遂の罪に問われた無職、小倉勝明被告(35)=栃木県日光市=の裁判員裁判で宇都宮地裁は18日、検察側の求刑を2年上回る懲役14年の判決を言い渡した。

 二宮信吾裁判長は判決理由で、殺人未遂について「突き刺す角度がもう少しずれていたら即死していた可能性もあり、危険性は高い。強姦の口封じのために殺害しようとしており、身勝手さが際立っている」と指摘し、「犯情は標準的な事案の範疇を超えている」と述べた。

 弁護側は、被告が自分の意思で危害を加えるのを止めているとして刑を軽くするよう求めていたが、「女性を放置して立ち去り、生命を救う最低限の行為もしていない」などとして退けた。

 判決によると、6月2日、日光市の20代女性に乱暴した上、110番通報している女性を見て背中を包丁で刺した。

「ニュース」のランキング