産経ニュース

【大宮風俗ビル火災】炎と煙…鎮火まで7時間 髪の毛焼ける 毛布にくるまり脱出

ニュース 社会

記事詳細

更新

【大宮風俗ビル火災】
炎と煙…鎮火まで7時間 髪の毛焼ける 毛布にくるまり脱出

 髪の毛が焦げたり、すすで顔が真っ黒になったりした人が、次々と救急車で搬送されていった。17日午後、さいたま市で起きたソープランドでの火災。当時は風が強く、あおられた煙が広がったとみられ、同夜に鎮火するまでに約7時間を要した。最寄りのJR大宮駅東口周辺には不穏な煙のにおいが漂い、日曜日の繁華街は騒然とした。

                  

 近くの自宅マンションで爆発音を聞いた男性会社員(63)が外を見ると、風俗店から炎と煙が上がっていた。髪の毛が焦げてちりちりになった男性や、毛布にくるまった男女が慌てて外に飛び出し、道路に座り込んでいたという。

 鳴り響く消防のサイレンに気付き、自宅のベランダから外を見た女性会社員(30)は、男性4人が救急隊員に運ばれていく様子を目撃した。顔などはすすで真っ黒になっていたという。

 出火元のすぐそばの店舗で働く30代の女性は午後2時ごろ、裏手から「ドーン」という大きな爆発音を聞いた。外に出ると黒い煙が見えたので慌てて119番通報。駆け付けた消防隊員の指示で、同僚たちと一緒に屋外へ。女性は「全員無事だったが、自分が勤務する店内も煙が充満した」と興奮気味に話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 炎と煙…鎮火まで7時間 髪の毛焼ける 毛布にくるまり脱出
  • 炎と煙…鎮火まで7時間 髪の毛焼ける 毛布にくるまり脱出

「ニュース」のランキング