産経ニュース

【リニア不正入札】大手ゼネコン4社一斉捜索へ 特捜部と公取委 独禁法違反容疑

ニュース 社会

記事詳細

更新

【リニア不正入札】
大手ゼネコン4社一斉捜索へ 特捜部と公取委 独禁法違反容疑

 リニア中央新幹線建設工事の入札不正事件に絡み、事前に受注調整をしていた疑いがあるとして、東京地検特捜部が公正取引委員会と連携し、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑でゼネコン大手の大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設(いずれも東京)を一斉に家宅捜索する方針を固めたことが17日、関係者への取材で分かった。リニア関連工事は「スーパーゼネコン」と呼ばれる大手4社がほぼ均等に受注しており、特捜部は各社の受注経緯について実態解明を進める。

 リニアは東京(品川)-大阪間を67分で結ぶ総工費9兆円の巨大プロジェクト。リニア関連工事では22件のうち7割に当たる15件の工事を大手4社が代表する共同企業体(JV)が3~4件ずつ分け合う形でほぼ均等に受注している。

 関係者によると、スーパーゼネコン4社の部長級の営業担当者は月1回程度会合を開き、リニア関連工事受注について情報交換していたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大手ゼネコン4社一斉捜索へ 特捜部と公取委 独禁法違反容疑
  • 大手ゼネコン4社一斉捜索へ 特捜部と公取委 独禁法違反容疑
  • 大手ゼネコン4社一斉捜索へ 特捜部と公取委 独禁法違反容疑
  • 大手ゼネコン4社一斉捜索へ 特捜部と公取委 独禁法違反容疑
  • 大手ゼネコン4社一斉捜索へ 特捜部と公取委 独禁法違反容疑

「ニュース」のランキング