産経ニュース

17年前の強盗致死事件、重要参考人の動画投稿 茨城県警公式ユーチューブで「無念晴らしたい」

ニュース 社会

記事詳細

更新


17年前の強盗致死事件、重要参考人の動画投稿 茨城県警公式ユーチューブで「無念晴らしたい」

茨城県警がユーチューブに投稿した強盗致死事件に関する動画(丸山将撮影) 茨城県警がユーチューブに投稿した強盗致死事件に関する動画(丸山将撮影)

 少年法では、少年保護の精神から少年容疑者の顔などの公開を禁じており、この事件でも発生から約3カ月後に4人の似顔絵を竜ケ崎署のホームページに掲載したが、その後、「少年の可能性が高い」として削除した。

 15年に警察庁が凶悪事件などでは少年でも公開捜査を可能とする通達を出し、16年に再び似顔絵を公開。昨年11月には防犯カメラの静止画を、今年5月には県警ホームページに動画を公開した。事件に関する情報提供は27年には0件だったが、静止画の公開後、9件寄せられた。

 公式ユーチューブでの動画投稿について、県警捜査1課の捜査員は「一人でも多くの方から少しでも情報をいただくために公開した。事件を解決して遺族や被害者の無念を晴らしたい」と決意をにじませる。(丸山将)

 情報提供は、竜ケ崎署(電)0297・62・0110、または県警捜査1課(電)029・301・0110。

「ニュース」のランキング