産経ニュース

ネコ13匹に熱湯やバーナーで虐待 動画投稿の元税理士、大矢誠被告に猶予判決 東京地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


ネコ13匹に熱湯やバーナーで虐待 動画投稿の元税理士、大矢誠被告に猶予判決 東京地裁

動物愛護法違反の罪に問われた大矢誠被告の判決公判を傍聴し、記者会見する女優の杉本彩さん=12日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ 動物愛護法違反の罪に問われた大矢誠被告の判決公判を傍聴し、記者会見する女優の杉本彩さん=12日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 ネコに熱湯を掛けたりバーナーであぶるなどの虐待を加えて死なせたなどとして、動物愛護法違反罪に問われた元税理士、大矢誠被告(52)の判決公判が12日、東京地裁で開かれた。細谷泰暢裁判官は「残虐な犯行」として懲役1年10月、執行猶予4年(求刑懲役1年10月)を言い渡した。

 大矢被告は虐待の様子を動画で撮影し、インターネットで公開していた。11月の初公判では起訴内容を認め、「糞尿被害に遭って駆除しようと考えた」と話していた。

 細谷裁判官は「虐待行為自体に楽しみを覚え、ネットで公開することが目的化していた。犯行を正当化する余地はない」と指摘。一方、税理士を廃業するなどさまざまな制裁を受けたとして、執行猶予付き判決を言い渡した。

 判決によると、大矢被告は平成28年3月から29年4月までの間、埼玉県深谷市で、わなで捕獲するなどしたネコ13匹に熱湯をかけるなどして、うち9匹を殺し、4匹を傷つけた。

「ニュース」のランキング