産経ニュース

中国人元大学院生「不意に刺した」 起訴内容否認も「殺意を持って刺した」 留学生殺害事件、東京地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


中国人元大学院生「不意に刺した」 起訴内容否認も「殺意を持って刺した」 留学生殺害事件、東京地裁

 東京都中野区のアパートで中国人留学生の大学院生、江歌さん=当時(24)=の首を刺し殺害したとして、殺人などの罪に問われた元大学院生、陳世峰被告(26)の裁判員裁判の初公判が11日、東京地裁(家令和典裁判長)で開かれた。陳被告は「被害者からナイフを取ろうともみ合っているうちに不意に首を刺した」と起訴内容を否認した。その後、江さんを「殺意を持って刺したのは事実」とも述べた。

 弁護側は「死因である首の傷は故意に基づかない損傷」とし、殺人未遂罪にとどまると主張した。

 検察側は冒頭陳述で、江さんと同居していた元交際相手の中国人女性に復縁を求めて江さん宅に押しかけたが、江さんが警察を呼ぼうとしたので邪魔になり殺害したと指摘した。

 起訴状によると、陳被告は平成28年11月3日午前0時ごろ、中野区中野の江さんが住むアパート2階廊下で、女性と一緒に帰宅した江さんの首を刃物で刺し、殺害するなどしたとされる。

「ニュース」のランキング