産経ニュース

テレビ、冷蔵庫、炊飯器…北の木造船、窃盗関与か 避難の無人島で漁具・家電被害 道警捜査

ニュース 社会

記事詳細

更新


テレビ、冷蔵庫、炊飯器…北の木造船、窃盗関与か 避難の無人島で漁具・家電被害 道警捜査

 北朝鮮の木造船が11月下旬に一時避難した北海道松前町の無人島、松前小島で、保管されていた漁具の大半が無くなっていることが4日、地元漁協関係者の話で分かった。漁師の避難小屋から家電などが無くなっていることも既に分かっており、北海道警は窃盗の疑いがあるとみて捜査。木造船との関連も慎重に調べる。

 第1管区海上保安本部(小樽)と道警、松前さくら漁協(松前町)などは4日、現地で状況を調査。たも網やウニ用のはさみなどが無くなり、避難小屋の中が荒らされていた。施錠されていた小屋が何らかの方法で開けられ、テレビや冷蔵庫、炊飯器なども無くなっていた。唯一残っていた漁具の刺し網は、木造船が接岸した避難港に仕掛けられ、魚がかかったまま放置されていたという。

 1管は4日、島の高台にある灯台の電源用ソーラーパネルの一部が取り外され、港で発見されたことを明らかにした。パネル(縦119センチ、横197センチ)36枚のうち4枚が無くなり、港の防波堤付近で4日、配線が切られた状態で見つかった。灯台の付属施設も入り口の南京錠が壊され、何者かが侵入した痕跡があった。工具や食料を保管しており、9月22日の点検時に異常はなかった。

 1管や道警は、函館港沖に曳航(えいこう)した木造船の乗員10人に引き続き事情を聴く。うち乗員1人が4日、体調不良のため函館港沖の船から函館市内の病院に運ばれた。捜査関係者が明らかにした。

このニュースの写真

  • テレビ、冷蔵庫、炊飯器…北の木造船、窃盗関与か 避難の無人島で漁具・家電被害 道警捜査

「ニュース」のランキング