産経ニュース

中国では価格4倍も 象牙約7キロを密輸容疑で中国籍船員を逮捕 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


中国では価格4倍も 象牙約7キロを密輸容疑で中国籍船員を逮捕 警視庁

 ワシントン条約で国際取引が禁止されている象牙約7キロを無許可で国外に持ち出そうとしたとして、警視庁生活環境課は30日、関税法違反(無許可輸出予備)の疑いで、中国籍の船員、陳天彪容疑者(31)を逮捕した。

 逮捕容疑は11月28日午後11時45分ごろ、象牙約1本分を加工した長さ約10センチの象牙の印材など605本(流通価格約32万円)をリュックサックや紙袋に入れ、東京都江東区青海の岸壁に停泊中のコンテナ船に持ち込んで輸出しようとしたとしている。「誰かが勝手に入れたものだ」などと容疑を否認している。

 陳容疑者はこのコンテナ船で24日に中国・上海を出て28日午後7時半ごろに上陸。一度、船外に出た陳容疑者が船に戻ってきた際に荷物を持っていたため、東京税関職員が確認したところ犯行が発覚した。

 同課によると船は横浜を経由し、中国・青島に向かう予定だった。中国では象牙の国内市場が閉鎖されており、日本の3~4倍の価格で流通しているという。陳容疑者は「船に戻る前にアプリで知り合った男と食事をした」などと説明しており、同課が入手経路などを調べている。

「ニュース」のランキング