産経ニュース

輸出規制品の軍事転用可能カメラ、別の中国人が2台落札 回収確認

ニュース 社会

記事詳細

更新


輸出規制品の軍事転用可能カメラ、別の中国人が2台落札 回収確認

 軍事転用可能な米国製の赤外線カメラ装置が不正に輸出された事件で、赤外線カメラ装置とともに廃棄が決定されていた可視カメラ装置2台も同様にインターネットオークションに流出していたことが25日、関係者への取材で分かった。この2台は、外為法違反容疑で書類送検された中国人留学生の男(22)とは別の国内在住の中国人男性が落札。2台は流出が確認されてから1年以上たった今月、ようやく回収された。

 3台のカメラはいずれも輸出規制品で、国土交通省の防災ヘリの装備品。平成27年9月に廃棄処理が決まり、廃棄事業は三菱電機に委託されたが、実際の廃棄作業の過程で複数の業者間で転売され、最終的にネットオークションに出品された。赤外線カメラは留学生の男が約55万円で落札し、中国国内の軍事関連会社に勤務する男性に転売。一方、可視カメラ2台は別の日本在住の中国人男性が落札した。流出の事実を国交省は昨年8月に公表した。

 捜査関係者によると、この男性は落札したものの、転売などはしていなかった。このため国交省からカメラの回収を指示されていた三菱電機が今月17日、男性からの回収に成功し、国交省に報告したという。

 警視庁は、カメラ装置の流出経緯や関与した業者についても捜査を進める方針。

「ニュース」のランキング