産経ニュース

自民・若宮健嗣氏、政治資金で高級模型購入 「記載訂正」と説明 専門家は虚偽記載の可能性指摘

ニュース 社会

記事詳細

更新


自民・若宮健嗣氏、政治資金で高級模型購入 「記載訂正」と説明 専門家は虚偽記載の可能性指摘

政治資金で購入されていた潜水艦の高級模型とディスプレー用ケース=17日、東京都千代田区 政治資金で購入されていた潜水艦の高級模型とディスプレー用ケース=17日、東京都千代田区

 自民党の若宮健嗣前防衛副大臣が代表を務める資金管理団体が、昨年11月に政治資金で潜水艦の高級模型とディスプレー用ケースを約19万円で購入し、「事務ケース」として東京都選挙管理委員会の昨年分の収支報告書に記載していたことが25日、関係者への取材で分かった。若宮氏は取材に「記載の間違いで、模型購入を隠すつもりはなかった」と説明し、同日までに収支報告書を訂正した。

 関係者によると、購入していたのは先の大戦後に米軍がハワイの真珠湾に運んだとされる旧日本海軍の潜水艦「伊400型」の模型1個(17万1千円)とアクリル製ケース1個(2万1600円)だった。模型は横85センチ、幅7センチ、高さ15センチ。

 一方、昨年分の政治資金収支報告書によると、経常経費のうち「備品・消耗品費」の項目に、昨年11月24日に都内の模型店で「事務ケース」を買ったとして、19万2600円を計上していた。

 政治資金に詳しい上脇博之神戸学院大教授は「潜水艦の模型が政治資金から支出する備品や消耗品に当たるのか疑問だ。記載と違う時点で、虚偽記載に当たる可能性も高い」としている。

このニュースの写真

  • 自民・若宮健嗣氏、政治資金で高級模型購入 「記載訂正」と説明 専門家は虚偽記載の可能性指摘

「ニュース」のランキング