産経ニュース

青森でも木造船が相次ぎ漂着 船体にハングルとみられる文字

ニュース 社会

記事詳細

更新


青森でも木造船が相次ぎ漂着 船体にハングルとみられる文字

 青森海上保安部は、青森県深浦町大間越の海岸で20日に木造船が漂着しているのが見つかったと明らかにした。19日には、同県中泊町の海岸でも打ち上げられた木造船が発見された。いずれの船体にもハングルとみられる文字があり、海保は朝鮮半島から漂着した可能性があるとみている。

 海保によると、深浦町で発見された木造船は長さ約12・6メートル、幅約3・7メートルで、スクリューやエンジンが残っていた。周辺には、救命胴衣6個も漂着していた。中泊町の船は長さ約8・7メートル、幅約1・2メートル。2隻は船底が平面で、転覆した状態だった。

関連ニュース

「ニュース」のランキング