産経ニュース

相続人から麻原彰晃死刑囚らの除外認める 四女の申し立てに横浜家裁「両親の犯罪で重大な不利益」

ニュース 社会

記事詳細

更新


相続人から麻原彰晃死刑囚らの除外認める 四女の申し立てに横浜家裁「両親の犯罪で重大な不利益」

麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚 麻原彰晃(本名・松本智津夫)死刑囚

 その上で、両親が適切な養育をしなかったことや、犯罪を行ったことで、四女が「重大な不利益を被り、現在もその影響が続いている」とし、除外を認めた。

【用語解説】オウム真理教

 元教祖の麻原彰晃死刑囚が、昭和59年、ヨガ修行道場「オウム神仙の会」を設立。62年にオウム真理教に改称、平成元年に宗教法人格を取得した。坂本弁護士一家殺害事件(元年)、松本サリン事件(6年)、地下鉄サリン事件(7年)などを起こし、一連の事件で13人の死刑が確定している。現在は「アレフ」や「ひかりの輪」に分派して活動。両団体とも団体規制法による観察処分を受け、公安調査庁の監視下に置かれている。

このニュースの写真

  • 相続人から麻原彰晃死刑囚らの除外認める 四女の申し立てに横浜家裁「両親の犯罪で重大な不利益」

関連ニュース

「ニュース」のランキング