産経ニュース

【横綱・日馬富士暴行】相撲協会が鶴竜、照ノ富士をきょうにも聴取 場所後に親方 年内決着の意向

ニュース 社会

記事詳細

更新

【横綱・日馬富士暴行】
相撲協会が鶴竜、照ノ富士をきょうにも聴取 場所後に親方 年内決着の意向

横綱鶴竜 横綱鶴竜

 大相撲の横綱日馬富士関(33)が平幕貴ノ岩関(27)を暴行し負傷させた問題で、日本相撲協会の危機管理委員会が、酒席に同席し九州場所を休場している横綱鶴竜関と関脇照ノ富士関の事情聴取を21日にも実施する可能性があることが20日、関係者の話で分かった。鳥取県警の事情聴取後に行う方針。早期解決を目指した措置とみられ、問題を年内に決着させる意向という。

 協会関係者によると、横綱白鵬関は九州場所に出場しており、場所中の聴取を見送る。来月3日には冬巡業が始まるため、協会は千秋楽翌日の27日から来月2日までの間に聴取したい考え。貴乃花、伊勢ケ浜両親方の聴取も場所後に実施の見通しだ。

 この問題では、ビール瓶で殴打したかどうかをめぐって当事者の証言が食い違い、一部の関係者は「ビール瓶で殴っていた」としている。日馬富士関がビール以外のアルコール類の瓶で殴打したとの証言も浮上。同席者によると、日馬富士関は貴ノ岩関の膝の上にのしかかって暴行し、貴ノ岩関は左前頭部から流血したという。

 一方、協会は20日、東京・両国国技館で評議員会を開催。元文部科学副大臣の池坊保子評議員会議長は、巡業部長を務める貴乃花親方が県警に被害届を出しながら、協会への報告を怠ったことについて「何かあったときは理事長に報告する義務がある。速やかに報告していたら理事長も対処のしようがあったと思うと残念」と苦言を呈した。

このニュースの写真

  • 相撲協会が鶴竜、照ノ富士をきょうにも聴取 場所後に親方 年内決着の意向

「ニュース」のランキング