産経ニュース

「捜査に違法なし」 栃木の薬物事件、無罪を破棄し差し戻し 東京高裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


「捜査に違法なし」 栃木の薬物事件、無罪を破棄し差し戻し 東京高裁

 覚せい剤取締法違反(所持、使用)や大麻取締法違反(所持)などの罪に問われ、栃木県警の捜査が違法だったとして1審宇都宮地裁で無罪とされた赤羽真洋被告(35)の控訴審判決公判が20日、東京高裁で開かれた。秋葉康弘裁判長は「捜査過程に違法はない」として、1審判決を破棄し、審理を地裁に差し戻した。

 1審は、県警が強制採尿令状を請求した際の資料に記載された、被告の様子などが虚偽の記載にあたるとして、検察側が求めた尿の鑑定書などの証拠調べ請求を却下し、5月に無罪を言い渡した。

 秋葉裁判長は「資料の記載は虚偽ではない」と判断。「証拠調べ請求を却下した1審の訴訟手続きには明らかな法令違反がある」と指摘した。

 被告は自動車運転処罰法違反(過失致傷)罪などにも問われ、1審は同罪については有罪と判断し、懲役10月を言い渡した。

「ニュース」のランキング