産経ニュース

【横綱・日馬富士暴行】「真実語って」「引退不可避」ファン、全容解明求める声

ニュース 社会

記事詳細

更新

【横綱・日馬富士暴行】
「真実語って」「引退不可避」ファン、全容解明求める声

九州場所が開かれている福岡国際センターで、横綱日馬富士関の写真パネルの横で力士の会場入りを待つ相撲ファンら=17日午後、福岡市 九州場所が開かれている福岡国際センターで、横綱日馬富士関の写真パネルの横で力士の会場入りを待つ相撲ファンら=17日午後、福岡市

 「真実を語ってほしい」「情けない」。横綱日馬富士関が貴ノ岩関に対する暴行問題で警察から任意の事情聴取を受けたことについて、相撲ファンからは事実関係の全容解明を求める声が上がり、引退は不可避と指摘する意見も聞かれた。

 福岡県太宰府市の部屋宿舎から16日夜に空路都内へ入った日馬富士関。17日の鳥取県警による任意聴取は東京・墨田区の両国国技館で行われ、周辺には約200人の報道陣がつめかけた。聴取を終えた日馬富士関が姿を見せたのは午後9時20分ごろ。問いかけに応じることなく、口を真一文字に結んだまま黒の乗用車の後部座席に乗り込み、国技館を後にした。

 国技館の周辺では、ファンや観光客らが足を止めて様子を見守った。千葉県成田市の農業、久米健さん(53)は「酒の席で何があったのか、横綱本人が公に説明すべきだ。暴力があったなら引退は避けられないし、本人が決断できないなら日本相撲協会が引退を勧告するのが当然ではないか」と語気を強めた。

このニュースの写真

  • 「真実語って」「引退不可避」ファン、全容解明求める声
  • 「真実語って」「引退不可避」ファン、全容解明求める声

「ニュース」のランキング