産経ニュース

群馬のヘリ墜落、搭乗の東邦航空4人死亡 墜落直前に部品外れる?

ニュース 社会

記事詳細

更新


群馬のヘリ墜落、搭乗の東邦航空4人死亡 墜落直前に部品外れる?

墜落事故を受けた記者会見に臨む東邦航空の関係者=8日夜、東京都江東区 墜落事故を受けた記者会見に臨む東邦航空の関係者=8日夜、東京都江東区

 群馬県上野村乙母(おとも)で8日午後2時半ごろ、ヘリコプターが墜落し、乗員4人が死亡した事故で、東邦航空(東京都)は同日、同機に八尾事業所(大阪府)所属の機長、北川一郎さん(60)らが搭乗していたと明らかにした。

 墜落直前に機体後部の部品が外れたとの目撃情報があり、県警は業務上過失致死容疑も視野に墜落原因を調べる。国土交通省は航空事故と認定し、運輸安全委員会は航空事故調査官を派遣する。

 墜落機には北川さんのほか、いずれも東京本社所属で整備士の杉山勝彦(50)さん▽滝沢俊太(としひろ)さん(27)▽池田裕太さん(22)-が搭乗していた。

 ヘリは、同日午前8時31分に長野県の松本空港を離陸。山梨県早川町の水力発電所から近くの工事現場に重機を運ぶなどした後、午後2時3分に同町を離陸したと無線連絡があった。栃木県内のヘリポートに向かっていたとみられる。

このニュースの写真

  • 群馬のヘリ墜落、搭乗の東邦航空4人死亡 墜落直前に部品外れる?

「ニュース」のランキング