産経ニュース

ニュース 社会

記事詳細

更新


保釈中に強姦、2審も実刑 東京高裁

 大阪市内で強姦事件を起こし、1審で実刑判決を受けた後に保釈され、2週間後に再び別の女性を暴行したとして強姦罪に問われた永井優輝被告(28)の控訴審判決で、東京高裁(青柳勤裁判長)は6日、懲役4年6月とした1審東京地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。

 判決によると、昨年2月15日、下着の通信販売に使う写真のモデルを募集していると偽り、東京都内のホテルに20代の女性を誘い込んで写真を撮影、その後暴行した。

 被告は昨年1月、女性3人を暴行したとして大阪地裁で懲役9年の判決を受け、控訴後の2月1日に保釈が認められていた。大阪の事件はその後、1審判決が確定している。

関連ニュース

「ニュース」のランキング