産経ニュース

「西武新宿」×「快速急行」を再現したかった…車両表示器を使用不能にした“撮り鉄”少年2人を逮捕

ニュース 社会

記事詳細

更新


「西武新宿」×「快速急行」を再現したかった…車両表示器を使用不能にした“撮り鉄”少年2人を逮捕

西武鉄道本川越駅構内に侵入したなどとして逮捕された2少年の自宅から押収された、電車の行き先を表示する機器など=埼玉県警川越署(同署提供) 西武鉄道本川越駅構内に侵入したなどとして逮捕された2少年の自宅から押収された、電車の行き先を表示する機器など=埼玉県警川越署(同署提供)

 西武鉄道本川越駅(埼玉県川越市)構内に侵入したなどとして、埼玉県警川越署は建造物侵入などの疑いで、東京都中野区の無職少年(18)と東京都西東京市の男子高校生(16)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月24日午前1時~同4時25分ごろ、埼玉県川越市の本川越駅構内に侵入し、電車の行き先を表示する前面表示器の歯車部分に接着剤のようなものを付着させて使用できなくし、さらに電車内から合図灯(時価約1万円相当)を盗んだとしている。

 同署によると、2人は行き先表示を、存在しない「西武新宿(行き)」「快速急行」の組み合わせにして、その写真を撮りたかったという供述をしている。実際にこの組み合わせの写真を撮影したという。西武新宿線の快速急行は平成24年に廃止されている。

このニュースの写真

  • 「西武新宿」×「快速急行」を再現したかった…車両表示器を使用不能にした“撮り鉄”少年2人を逮捕

「ニュース」のランキング