PR

ニュース 社会

【東名夫婦死亡事故】男を危険運転致死傷罪で起訴 高速での車線変更などを危険運転と認定

Messenger
石橋和歩被告=10月10日、福岡空港署
石橋和歩被告=10月10日、福岡空港署

 神奈川県大井町の東名高速道路で6月、トラックがワゴン車に追突してワゴン車の夫婦が死亡するなどした事故で、横浜地検は31日、自動車運転処罰法違反(危険致死傷)などの罪で、福岡県中間市の建設作業員、石橋和歩容疑者(25)を起訴した。

 石橋被告は夫婦の車の前で自分の車を停車させて事故を誘発したとして同法の過失運転致死傷容疑で逮捕されたが、地検は停車前の高速での幅寄せ行為などを危険運転と判断。最高刑が懲役20年で、同7年の過失運転致死傷罪より罰則が重い危険運転致死傷罪で立件した。事故当時、石橋被告は降車中で「運転行為」が対象の同罪の適用は異例。

 起訴状などによると、6月5日午後9時半ごろ、同町の東名高速道路で、静岡市清水区の自営業、萩山嘉久さん=当時(45)=一家が乗るワゴン車を時速約100キロで追い越し、高速のまま車線変更や幅寄せを数回繰り返すなど危険な運転をして停車させ、事故を引き起こしたなどとしている。動機については、現場近くのパーキングエリアで嘉久さんに駐車位置をめぐって注意を受けたことに腹を立てたとしている。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ