産経ニュース

群馬の外国人失踪、すでに昨年上回る88人 目立つベトナム人 技能実習生の受け入れ 対策急務

ニュース 社会

記事詳細

更新


群馬の外国人失踪、すでに昨年上回る88人 目立つベトナム人 技能実習生の受け入れ 対策急務

 来日して働きながら学ぶ「技能実習制度」で群馬県内に滞在する外国人の失踪が、昨年を上回るペースで推移していることが30日、分かった。特にベトナム人の増加が目立ち、今年2月、円滑な受け入れに向け県と同国と県が締結した覚書の効果は出ていない。11月には実習生の介護分野での就労を可能にする関連法案が施行されるが、需要を増やすだけでいいのか、失踪事案への対策が急務だ。(吉原実)

 県警によると、10月23日現在、実習制度で来日し県内で失踪したと認知した外国人は82人(暫定)で、昨年1年間の計88人を上回るペースとなっている。今年上半期(1~6月)は36人で、前年同時期比でわずかに減少しているが、県警は景気動向次第で「より高収入が見込める職種を求め、増加することも懸念される」と分析している。

 来日から早い段階で失踪するケースが依然、後を絶たない。今年上半期でみても、入国から1年半以内での失踪が23人と全体の64%を占める。在留期限のある時期に失踪、見つかっても逮捕を免れ、難民申請するなどして働き続けられるなど現行制度の“抜け穴”を狙ったものだ。失踪者のうち発見に至るのは「年に数件」(県警)。多くが不法残留者となるが、中には、「『帰国したい』と交番に出頭するケースもある」(捜査関係者)という。

続きを読む

「ニュース」のランキング