産経ニュース

教諭2人うっかり失職…免許更新手続き行わず 採用試験受け直しも 千葉

ニュース 社会

記事詳細

更新


教諭2人うっかり失職…免許更新手続き行わず 採用試験受け直しも 千葉

 千葉県教育委員会は27日、県立の特別支援学校に勤務する50代女性教諭と公立中学校の40代男性教諭が必要な教員免許更新手続きをしてなかったとして、失効日にさかのぼって失職の手続きをとったと発表した。失効後に行った授業は適切に行われていたとして、生徒への影響はないとしている。

 女性教諭は平成28年4月から、男性教諭は26年4月から免許がない状態で授業を行っていた。当面は、別の教員が授業を行う。

 こうした形での失職例は県内初。女性教諭は別の免許を取得して期限が自動延長されたと誤解し、男性教諭は更新手続きの途中で手続きが終了したと誤認していたという。更新講習を受け、新たな免許申請を出せば、講師として復帰できるが、正規教員となるには再び採用試験を受験し、合格しないといけないという。

 県教委によると、免許の内容と全都道府県の教育委員会が使用する管理システムの登録情報を照合する中で判明した。

「ニュース」のランキング