産経ニュース

スバルも無資格検査 群馬の工場、日産に続き リコールも検討

ニュース 社会

記事詳細

更新


スバルも無資格検査 群馬の工場、日産に続き リコールも検討

SUBARUのロゴ SUBARUのロゴ

 SUBARU(スバル)が国内の工場で、資格を持たない従業員に出荷前の完成車の検査をさせていたことが27日、分かった。安全性への影響を検討し、国土交通省とも協議してリコール(無料の回収・修理)を実施するかどうか判断する方針だ。

 スバル首脳は27日、報道陣の取材に応じ、群馬県の工場で行われていた無資格検査について「研修は受けているが、資格を持たない人にさせていた。30年以上前から伝統的に同じやり方でやっていた」と述べた。

 無資格検査が発覚したのは日産自動車に続き2社目。国産車の品質に対する信頼が低下するのは必至。自動車メーカー任せの検査制度見直しの議論が加速しそうだ。

 関係者によると、スバルには社内資格を持つ検査員が約250人いる。新車の完成車検査は6カ月の研修を経て、資格を得た正規の検査員がする必要があるが、群馬製作所(群馬県太田市)では資格取得前の実習中の従業員が検査の一部を担当していた。群馬製作所は、小型車「インプレッサ」や、スポーツ用多目的車(SUV)「XV」などを生産する主力工場。

 日産の無資格検査問題を受け、国交省から指示されて社内調査を進める過程で見つかった。検査は、完成した車の安全性をチェックするために資格をもつ検査員が行うよう国がメーカー側に義務づけている。近く、国交省に正式に報告する。

 

「ニュース」のランキング