産経ニュース

女性暴行事件、研修医に無罪判決 さいたま地裁「犯行したとするには合理的な疑いが残る」

ニュース 社会

記事詳細

更新


女性暴行事件、研修医に無罪判決 さいたま地裁「犯行したとするには合理的な疑いが残る」

 酒に酔った女性を暴行したとして、準強姦罪に問われた東京慈恵医大病院の男性研修医(32)の判決公判が26日、さいたま地裁で開かれ、佐々木直人裁判長は「犯行したとするには合理的な疑いが残る」などとして、無罪を言い渡した。検察側は懲役4年6月を求刑していた。

 男性研修医は昨年8月26~27日、東京都大田区のマンションの一室で、20代女性を泥酔させ、暴行したとして、起訴された。

「ニュース」のランキング