産経ニュース

別の障害者施設でも入居者暴行の疑い 元職員の女を追送検 栃木県警

ニュース 社会

記事詳細

更新


別の障害者施設でも入居者暴行の疑い 元職員の女を追送検 栃木県警

 宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、男性入所者が暴行されて重傷を負った事件で、栃木県警は23日、栃木県栃木市の施設でも女性入居者に暴行をしていたとして、傷害の疑いで、無職、松本亜希子被告(25)=宇都宮市=を宇都宮地検に追送検したことを明らかにした。追送検は同日付。

 追送検容疑は、8月23日午後5時ごろ、当時勤めていた栃木市都賀町合戦場の福祉施設で、女性入居者(57)を椅子から引き倒し、自分の膝を腰に押し付ける暴行を加えて全治約20日間のけがを負わせたとしている。県警によると、「(女性が)言うことを聞かなかったので頭にきた」と容疑を認めている。

 女性は9月1日に施設を抜け出して近隣住民に「暴行を受けた」と助けを求め、住民が110番通報。栃木署が女性を保護し、捜査していた。

「ニュース」のランキング