産経ニュース

【台風21号】関東上陸「史上最強クラス」23日未明から明け方に 300ミリは都心の1カ月分超

ニュース 社会

記事詳細

更新

【台風21号】
関東上陸「史上最強クラス」23日未明から明け方に 300ミリは都心の1カ月分超

台風21号の影響で、大波が打ち寄せる和歌山県白浜町の千畳敷=22日午前11時41分 台風21号の影響で、大波が打ち寄せる和歌山県白浜町の千畳敷=22日午前11時41分

 台風接近に伴い停滞前線が活発化しており、全国的に大荒れとなっている。東京都の伊豆大島では午後3時までの24時間雨量203・5ミリを観測。関東甲信では、多いところで23日正午までの24時間雨量300ミリと予想され、東京都心で10月に降る平年の1カ月分雨量(197・8ミリ)を大きく上回る。

 進路西側の近畿、北陸では総雨量が増える見込み。和歌山県新宮市では22日午前3時までに24時間373ミリを観測したほか、三重県、鹿児島県などで200ミリ以上の雨が降った。同日夜にかけて風も強まる見込み。また、東海から関東にかけては高潮への警戒も必要だ。

 気象庁の松本積主任予報官は「大きな災害をもたらすレベルの台風。夜にかけて危険が高まるので行動は明るいうちに済ませ、身の安全を確保してほしい」と最大限の警戒を呼びかけた。

 23日正午までの24時間予想雨量は多いところで東海600ミリ、近畿、北陸400ミリ、関東甲信300ミリ、東北、四国、中国250ミリ、24日正午まででは北陸150ミリ。

 台風21号は、22日午後2時現在、日本の南を時速約35キロで北へ進んだ。中心の気圧は930ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心から半径280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。

「ニュース」のランキング