産経ニュース

空自ヘリ墜落で乗員4人捜索 浜松沖、海保も合流

ニュース 社会

記事詳細

更新


空自ヘリ墜落で乗員4人捜索 浜松沖、海保も合流

航空自衛隊のヘリコプターUH60J(航空自衛隊ホームページより) 航空自衛隊のヘリコプターUH60J(航空自衛隊ホームページより)

 航空自衛隊浜松基地(浜松市)のUH60J救難ヘリコプターが基地沖合に墜落した事故で、空自や海上自衛隊は18日、航空機や艦艇を現場海域に派遣し、行方が分からない機長の花房明寛3等空佐(42)ら乗員4人の捜索を続けた。第3管区海上保安本部(横浜)も巡視船艇を派遣した。

 空自によると、浜松救難隊のヘリは17日午後5時50分ごろ、夜間訓練のため離陸。約10分後、浜松基地の南約30キロの海上でレーダーから消え、連絡が取れなくなった。

 現場海域で航空自衛隊と書かれたドアやタイヤ、テールローター(後部回転翼)とみられる部品などが見つかり、小野寺五典防衛相は墜落したと判断した。

 消息を絶ったのは花房3佐のほか、副操縦士と機上整備員、救難員。

「ニュース」のランキング