産経ニュース

東日本大震災慰霊地「千年希望の丘」に女性遺体 県警、死体遺棄事件として捜査本部設置

ニュース 社会

記事詳細

更新


東日本大震災慰霊地「千年希望の丘」に女性遺体 県警、死体遺棄事件として捜査本部設置

女性の遺体が見つかった「千年希望の丘」の周辺=9日午後、宮城県岩沼市 女性の遺体が見つかった「千年希望の丘」の周辺=9日午後、宮城県岩沼市

 東日本大震災の犠牲者を慰霊する宮城県岩沼市押分の「千年希望の丘」敷地内の二野倉公園近くの空き地の草むらで、犬の散歩をしていた男性があおむけに倒れている女性の遺体を発見し、「人が横たわっている」などと110番通報した。宮城県警は9日、県警岩沼署に捜査本部を設置。死体遺棄事件として捜査をしている。

 捜査本部によると、通報があったのは8日午前6時ごろ。遺体は身元不明で、数メートル離れた場所にサンダルや布製のトートバックがあり、バックの中にはハンドバッグ、千円入りの財布や免許証などが入っていた。免許証の名義などから宮城県内の女性の可能性が高いとみられ、この女性とは連絡が取れていない。捜査本部は遺体の身元などを慎重に捜査している。

 司法解剖の結果、遺体は右足などが粉砕骨折していたほか、肋骨(ろっこつ)の複数カ所を骨折し、肺挫傷のけがを負っていた。死因は多発性外傷で、死後1週間程度とみられる。現場には高さ20、30センチ程度の雑草が茂っていた。

 遺体は40~60代とみられ、長袖のワンピース姿で、中肉で165センチくらい。肩までの黒髪だった。

 希望の丘は高さ約10メートルで、震災がれきを使って造成。慰霊のほか、津波発生時の避難場所や震災伝承の場として整備されている。震災前にあった住宅や店舗の大半は津波で流失したため、日中でも人通りは少ない。

「ニュース」のランキング