産経ニュース

【相模原殺傷】第1回公判前手続き 植松被告は出席せず 最大の焦点は刑事責任能力 横浜地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新

【相模原殺傷】
第1回公判前手続き 植松被告は出席せず 最大の焦点は刑事責任能力 横浜地裁

 神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で昨年7月、19人が刺殺され、26人が重軽傷を負った事件で、殺人や殺人未遂など6つの罪に問われた元施設職員、植松聖(さとし)被告(27)の第1回公判前整理手続きが、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。

 地裁によると、協議は非公開で実施され、植松被告は出席しなかったという。検察側と弁護側の双方が主張内容を記載した書面を提出した。

 戦後最悪とされる事件は証拠量が膨大で、手続きは長期化するとみられる。植松被告は殺傷行為を認めており、公判では刑事責任能力の有無や程度が最大の争点になる見込み。

 起訴状によると、昨年7月26日未明、入所者の男女を刃物で突き刺すなどして19人を殺害、24人に重軽傷を負わせたとされる。また、結束バンドで廊下の手すりに縛り付けた職員2人を負傷させたとしている。

「ニュース」のランキング