産経ニュース

ヒョウの敷物をネット出品 種の保存法違反容疑

ニュース 社会

記事詳細

更新


ヒョウの敷物をネット出品 種の保存法違反容疑

警視庁が押収したヒョウやオオカミの毛皮製品=25日午前、中央署 警視庁が押収したヒョウやオオカミの毛皮製品=25日午前、中央署

 ワシントン条約で取引が禁止されているヒョウなどの毛皮製品を、国の許可を得ずにインターネットオークションに出品したなどとして、警視庁中央署は25日、種の保存法違反などの疑いで、大阪市の遺品整理会社「HIC」と、同社役員の男性(36)ら3人を書類送検した。

 中央署によると、男性は「登録が必要なことを熟知していなかった」と供述している。同署は、製品を譲り渡した大阪府高槻市の女性(56)も書類送検した。

 HICなどの書類送検容疑は昨年6月ごろ、取引に必要な国の許可を得ないまま、ヒョウやオオカミの毛皮の敷物を1枚ずつ譲り受けたほか、販売目的で同12月にヒョウの敷物をネット上のオークションサイトに出品したなどの疑い。

 中央署によると、譲り渡した女性は父の遺品整理を同社に頼んでいた。警視庁のサイバーパトロールで発覚した。

「ニュース」のランキング