産経ニュース

覚醒剤とコカイン使用で英国籍の男逮捕 東京・六本木のクラブ根城にする密売人か 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


覚醒剤とコカイン使用で英国籍の男逮捕 東京・六本木のクラブ根城にする密売人か 警視庁

ビットコイン ビットコイン

 覚醒剤とコカインを使用したとして、警視庁組織犯罪対策5課は覚せい剤取締法違反(使用)と麻薬取締法違反(同)の疑いで、英国籍の契約社員、リードエドワード・ジェームズ・モンタギュ容疑者(43)=東京都港区南麻布=を再逮捕した。調べに「体に(違法薬物が)入っていたことは間違いない」と容疑を一部認めている。

 再逮捕容疑は7月18日ごろ、都内などで若干量の覚醒剤とコカインを使用したとしている。

 組対5課によると、モンタギュ容疑者は東京・六本木周辺の複数のクラブでコカインを売り歩く密売人とみられ、自宅マンションには4月から7月にかけ客とみられる外国人ら40~50人が出入り。密売には仮想通貨「ビットコイン」が使用された形跡があるという。

 同課は4月ごろ、モンタギュ容疑者が六本木でコカインを密売しているとの情報を得て内偵捜査を進めていた。7月、同容疑者の自宅マンションを捜索し、覚醒剤92グラムや大麻467グラム、コカイン239グラムなど、末端価格約2千万相当の違法薬物を押収。覚せい剤取締法違反(営利目的所持)などで現行犯逮捕していた。

「ニュース」のランキング