産経ニュース

仁科亜季子さんを恐喝未遂 容疑の暴力団関係者を強制捜査へ 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


仁科亜季子さんを恐喝未遂 容疑の暴力団関係者を強制捜査へ 警視庁

 今年1月に亡くなった俳優、松方弘樹さんの元妻で女優の仁科亜季子さん(64)から金品を脅し取ろうとしたとして、警視庁が恐喝未遂の疑いで暴力団関係者ら数人について強制捜査に乗り出す方針を固めたことが22日、関係者への取材で分かった。

 仁科さんをめぐっては、平成27年5月、都内の仁科さんの自宅に暴力団関係者数人が押しかけ、仁科さんに「貸付金の残金」として数千万円を要求。仁科さんが110番通報するなど騒動になっていた。暴力団関係者が運営するホームページに仁科さんを誹謗中傷する内容の記事が掲載されるトラブルもあった。

 仁科さんは昭和47年に芸能界デビュー。54年に松方さんと結婚し、芸能界を引退。平成10年の離婚後に芸能界に復帰し、女優として活躍している。子宮頸がんなど複数のがんを発病した経験から予防ワクチンの接種を進める啓蒙活動を行ったことでも知られる。

関連ニュース

「ニュース」のランキング