産経ニュース

逃走男と似た男、5キロ離れた群馬・太田で目撃 ベトナム人か? 捜索続く

ニュース 社会

記事詳細

更新


逃走男と似た男、5キロ離れた群馬・太田で目撃 ベトナム人か? 捜索続く

アジア系外国人が手錠をしたまま逃走した現場付近=31日、群馬県大泉町坂田(平田浩一撮影) アジア系外国人が手錠をしたまま逃走した現場付近=31日、群馬県大泉町坂田(平田浩一撮影)

 群馬県大泉町で31日、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されたアジア系外国人とみられる男が手錠をしたまま逃走している事件で、現場から5キロ余り離れた太田市矢場新町の団地近くに似た男がいるという通報があり、県警が捜索を続けている。

 似た男が目撃されたのは、東武伊勢崎線韮川駅から北東に約1キロの住宅街。県警によると、男が大泉町で逃走した際に一緒にいた女性は20~22歳のベトナム人女性で、逃げた男について30代のベトナム人と話しているという。

 事件は31日午前11時15分ごろ、大泉町坂田の坂田西公民館付近のアパート駐車場で、県警機動捜査隊員が車に乗っていた不審なアジア人風の男に職務質問したが、男は車を置いて走って逃げた。

 追い付いた隊員が警察手帳を提示し、職務質問を続けようとすると、男は隊員に暴行を加えた。男は手錠を掛けられた後もさらに暴れ、北へ走って逃走した。隊員は指や膝などに軽いけがを負った。

 男は身長約160センチ、30歳くらいで、上半身裸で左胸に入れ墨があった。黒いズボンを身に着けており、左手首には手錠が掛かっているという。

「ニュース」のランキング